FOMA裏技集/情報
パソコン連携技
着うた、iモーションまとめ

iモーションファイルを一括で着うた設定にする方法

着うた設定可能にするために必要なdcmd…のヘッダを付加、バイナリ書き換えを一括でするための方法です。
普通にiモーションを作成すると電話着信音には使用できません。
以下の手順でiモーションを着モーションにできます。

注意-著作権のあるファイルをネット上に公開するのは犯罪です。私的範囲で扱いましょう。

用意するもの

作成する前にやっておきたいこと

わからないことがあったら?

手順

携帯動画変換君の実行ファイルがあるフォルダを開き、その中に


[Info]
Title=iモーションファイル→着うた
TitleE=imotion>tyakuuta
TitleC=imotion>tyakuuta
Description=iTunes,dBpowerAMP Music Converter,Nero等で作成したファイルにdcmd…をヘッダに付加、バイナリ書き換えをします。
DescriptionE=imotion>tyakuuta
DescriptionC=imotion>tyakuuta

[Item0]
Title=iモーションファイル→着うた
TitleE=imotion>tyakuuta
TitleC=imotion>tyakuuta
Command0=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%InputFile%>" "<%TemporaryFile%>.3gp" -c QT_3GPP(MobileMP4)_QCIF_AAC.ini"
Command1=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%OutputFile%>.3gp" "Camouflage_iMotion.ini""
Command2="rm "<%TemporaryFile%>.3gp""


という内容の「Transcoding.ini」を作成します。

3GP_Converter.exeを実行し、付加したいファイルをドラッグアンドドロップするとヘッダを付加、バイナリ書き換えをします。

これで着モーション化されました。後はファイルをWeb経由で携帯に転送すると着モーションになります。

この方法で着モーションにならない場合もあります。着信音設定できなかった場合制限なし着モーションを作成する方法のバイナリ変更の値や、書き換えるバイナリの下一桁を±1(09を08に変えてみたり、0Dを0Fに変えてみたり)設定できるかもしれません。また、Web経由でないと着モーションになりません。なのでサイズは300KB以下(901、700からは500KB以下)である必要があります。

関連情報


トップ