民家と町並み
岸本信夫スケッチ紀行

全国各地の古い民家や町並みを訪ね歩き、ちょっと懐かしい生活シーンを描き続けています。暑い日、寒い日に町角でスケッチブックを広げていると、いろんな人がやってきて、問わず語りに昔の繁栄ぶりなどを話されます。現地でスケッチしながら過ごす数時間が、その町の歴史を肌で感じ、季節の変化を味わう貴重な時間だと考えています。


「最新の1枚」
     
  飛鳥(奈良県明日香村)16.09.12     36×51p     16.142        
  飛鳥寺あたりで描いた後、飛鳥集落の飛鳥坐神社へ向かう通りへ行くと、「かこう会」のnoririさんが日向で描いておられる。その近くで何とか日陰を探して座った。この通りでは過去に何回も描いており、私のHPで確かめると、最初に描いたのは01年10月で15年も前である。古い家並みが残るこの通りも、その間にかなり変化している。この絵の右手前の空き地には以前ガソリンスタンドがあったし、その向こうの散髪屋さんがあった場所は火災とかで空き地になっていた。さらにその先の交差点のところには風情ある家があったが、いつの間にか新しくきれいな家になってしまっている。(2016.09.28更新)  

 
 あなたの
故郷の絵があるかもしれません  
ギャラリー入り口


  ■  第24回悠彩会展のお知らせ  ■   
 
第24回悠彩会展を10月21日(金)〜26日(水)まで、大阪・天満橋の「エル・おおさか」(大阪府立労働センター)9階ギャラリーで開催します。開催時間は午前10:00〜午後6:00ですが、最終日(26日)は午後3:00に閉幕します。会員24人が風景・水彩画75点程度を出展しますが、私は今年のスケッチの中から4点を出展します。会期中、なるべく会場にいるつもりです。ご来場をお待ちします。



        エル・おおさかへのアクセスはこちら
 
     
 
 
訪問ありがとうございます。ご感想やご批評などは掲示板にお願いします。

最近のスケッチ(更新記録) 掲示板 別冊・F3スケッチブック マンホール・ウォッチング リンクのページ
「マイブーム館」のページ 個展などの記録 第23回悠彩会展の出展作品 「悠彩会」のページ 出版物・TVなどのページ

2016年展覧会の予定



(当ページに掲載している画像等の無断転載、2次加工を禁止します)
03・06・28ホームページ開設