本文へスキップ

大阪市淀川区・西淀川区の区境にある鍼灸専門治療院。

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市淀川区と西淀川区の区境、梅田や尼崎から便利なJR塚本駅徒歩1分の鍼灸院です。

治療メニューのご案内

  • はじめに

    当院では、婦人科系(不妊症、生理不順、生理痛、つわり、逆子)、疼痛・神経系(腰痛、首こり肩こり、眼精疲労、頭痛、自律神経失調症、顔面神経麻痺)の治療を行っています。
  • 不妊体質(妊娠するための身体づくり)

    不妊体質は諸検査をして分かるものから分からないものまで様々です。現に原因を特定できない原因不明不妊や機能性不妊が意外に多く、お薬を用いても思うような効果が得られないことがあります。
  • 不妊治療(妊娠参考症例集)

    原因不明不妊、機能性不妊、多嚢胞性卵巣、高プロラクチン血症、黄体機能不全など、自然妊娠から人工授精・体外受精まで、様々な不妊症の方が妊娠するための身体づくりから妊娠しています。
  • 生理の心得(専門用語解説)

    生理不順、不妊治療などから病院を受診しても、専門用語を並べられ、診療時間の制限からよく分からないことが多いです。ここでは専門用語やよくある質問について解説しています。
  • つわり

    つわりは、誰にでも起り得る妊娠初期の消化器症状で、自然に治るから我慢される方が多いですが、全身を調整する治療からつわりを軽減できます。また、当院では妊娠初期の頭痛や腰痛にも対応します。
  • 逆子(逆子のお灸)

    病院において逆子(骨盤位)は経過観察や逆子体操(胸膝位体操)をするしかありませんが、先人からの知恵に逆子のお灸があります。当院では逆子の治療と自宅指導(逆子のお灸)を行っています。
  • 生理痛(月経困難症)

    生理痛は様々な要因が複合することで重くなる(それを月経困難症という)ことがあります。当院の治療は妊娠する身体づくりで、その結果として生理痛の軽減や子宮内膜症の予防が期待できます。
  • 慢性腰痛・ぎっくり腰

    腰痛のほとんどは筋肉や筋膜の痛みで、繰り返したり長引いたり、突発的に強く痛むこともあります。また、椎間板ヘルニアや変形性腰椎症の腰痛にも筋筋膜性の腰痛が関与します。
  • 坐骨神経痛(お尻の痛み

    坐骨神経痛とは坐骨神経領域に起こった痛みの総称です。単に坐骨神経痛と診断された場合はお尻の深層にある筋肉の緊張が坐骨神経を絞扼(圧迫)したものが多く、長引くこともあります。
  • 眼精疲労

    一般に眼精疲労は目の使い過ぎと言われますが、それは目の筋疲労で、目の様々な働きは目の筋肉が行っています。その筋疲労から悩みになる目の痛みなど様々な症状が惹き起こされます。
  • 首こり肩こり

    肩こりは万病の元といいますが、実際は首こりが万病の元です。近年はパソコンやスマホなどが欠かせない生活(うつむき姿勢の多用)から、首こりの常態化、頭痛やめまいを伴う方が多いです。
  • 頭痛(緊張型・片頭痛)

    病院の緊張型頭痛や片頭痛のお薬やセルフケアのお薬は頓服(頭痛を発症してから服用)です。当院は頭痛の原因となる、眼精疲労、首こり、頭のこり、知覚神経の鎮静から頭痛の軽減と予防を行います。
  • 自律神経失調症

    自律神経失調症は「諸検査をしても自覚症状に見合う異常が認められないもの」の診断名で、異常が認められない内科的症状から精神的症状まで広く用いられています。
  • 顔面神経麻痺(ベル麻痺)

    末梢性顔面神経麻痺(ベル麻痺)は、急性期のステロイド剤投与を除けば、ビタミンB12を投与しながらの経過観察(自然回復)しかありせんので、鍼灸治療の併用をお勧め致します。
  • 上記にない症状・病気

    上記にない症状・病気の治療についてはお問い合せ下さい。
    電話:06-7504-3269、メール:k-shinkyuu@zeus.eonet.ne.jp
  • 鍼灸等のリンク先

    日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会明治国際医療大学明治東洋医学院