[ 前ページへ戻る ]

 

第132回愛知川祇園納涼祭花火大会

      ☆☆ 今年の花火は2ヶ所から打ち上げ予定!!

◆祇園神社と御幸橋◆

祇園神社は橋の守り神で、交通安全の御利益で知られています。

天保2年(1831年)に無賃橋が架けられ、歌川広重の浮世絵にも描かれました。

明治11年(1878年)の明治天皇巡幸の際に新たに橋が架けられ、「御幸橋(みゆきばし)」と呼ばれるようになりました。

◆花火大会の歴史と規模◆

祇園神社の祭礼として始まり、平成25年(2013年)で132回目を迎えます。

関西で開催される花火大会の中で、最も古い大会の一つです。

花火の数は約3.500発、約40.000人の人々が訪れます。

実施日:7月20日(土)午後7時30分ごろ〜 荒天の場合21日(日)

   場  所     愛知川河川敷  

                ☆今年はじめて

         打ち上げ場所は東海道新幹線をはさんで上と下の2ヶ所です。

   交  通     近江鉄道愛知川駅下車  徒歩約15分

   駐車場     有料駐車場 (500円)  約1.000台

     ●御幸橋の西は

          『アイゼン』さんと向かいの『愛知川砂利組合』さん

     ●御幸橋の東は

         (ただし、18:00〜21:40まで車両通行止め。 タカダKKさんから上 は         一方通行規制で時計の反対周りに通行可。)タカダKKさん、ジャパ         ンパイルさん、川島織物セルコンさん、ダイニチさん、立川ブラインド         さん、外村物流運輸さん等 (ダイニチさん、立川ブラインドさん空きあり)

              西側の駐車場は、いつも空きがあります。

 

   打ち上げ数   3.500発 

   来場者数    昨年は約4万人 

   問い合わせ先   当日の問い合わせ先   TEL.0180-99-3434 

   その他     身障者の方には、会場・駐車場は対応していません。

 

[ 前ページへ戻る ]