『大仏鉄道の歴史的近代土木遺構は木津川市の観光資源です!』
       大仏鉄道研究会公式ロゴマーク         SINCE 2002

ご支援ありがとうございます!
このホームページは「大仏鉄道研究会」により管理運営されています。
すべての文責は当研究会にあるとともに、すべてのコンテンツの無断使用をお断りします。
コ ン テ ン ツ 大仏鉄道研究会活動のお知らせ

 ● 更新日 2010年 3月14日
 ● 更新披瀝

 
What's New!
 公開!!
 関西鉄道株式会社の絵はがきは4種類??
 写真入りの絵はがきがですが、3種類まで入手しました。挿絵の植物が四季に関係するもので、どうやら残り1種類が有るのではと予想しています。
 「春日大社と猿沢之池」=葛の葉?。「法隆寺と笠置」=梅。「伊勢神宮と二見浦」=菊と麦の穂を確認しています。最後の1種類は天王寺の通天閣と勧業博ではないかと勝手に予想しています。

    

(2010/ 3/14)

大仏線の基礎知識
 ● 関西鉄道開設初期の鉄道網図
 ● JR木津駅橋上駅舎化工事の経緯
 ● 
大仏線位置図(PDFファイル) 無断転用不可
 ● 通説の佐保川鉄橋の位置は間違っている!
                      (近日公開)
 ● 歴史(経過)
 ● 史跡ウォーキングの模様(若草公民館講座)
 ● 点描
 ● こぼれ話集

   アクロバットリーダーのインストールは
    こちらからどうぞ!

          

          up 2009/ 1/ 18



 大仏線が危ない!
 ● ニュータウン開発と大仏線史跡の保全の課題
 ● 大仏線遺構の危機と提案 (PDF)
 ● 鹿背山大仏鉄道歴史公園の提案図(pdf)
 ● 我々に今何ができるのか?
 ● 梶ヶ谷保存ひと言署名コーナー

    (メールでお寄せください)

          up 2006/10/23


 大仏鉄道研究会とは?
 ● 会の目的、目標と活動方針について 
 ● 会則
 ● 会章(表彰章)
 ● 組織図
 ● 研究員募集 
平成15編4月改正
 ● ウォーキングマップ1(京都編)
 ● ウォーキングマップ2(奈良編)
 ● 活動報告
 ● 大佛鐵道記念公園ネーミング活動報告
 ● 会報「赤橋」バックナンバー
 ● 第3回総会議事録(pdf形式)
 ● これまで取り上げられたマスメディア
 
 産経新聞 | 京都新聞 | KBS京都 | 奈良放送 |
  
京都新聞の記事への直リンク
 ● 激励メールの記録簿

         2007/11/27


 資料庫
 ● 年表
 ● 時刻表
 ● 車両データ
 ● 土木構造学
 ● 大仏線廃レールの調査報告
 ● 時代考証(物価)
 ● 大仏線に係る新聞記事(明治)
 ● 関西鉄道5周年記念絵ハガキ(明治39年発行)
 ● 関西鉄道株式会社 絵ハガキ(3種)
 ● 関西鉄道案内 (近日公開)
    ※ 勧業博覧会に配布したと見られる
 ● 関西鉄道(株)関連資料
 ● 参考書籍の紹介
 
       
2010/03/14
 論文集と読み物
 ● 論文集(調査報告等)
 ● 読み物(フィクションとノンフィクション)
             2002/11/13


 掲示板とアンケート
 ● 大仏駅待合室掲示板(新)
  11/7 メンテナンスを終了しました。
  (旧大仏駅待合室掲示板 保管庫

 (会員非会員関係なくご自由に、ご発言ください。)
※書き込みの際は、電話番号、住所などの公開はご遠慮下さい

 ●
 大仏線私が好きな風景アンケート 
   2005/11/07現在、87%の方が「赤橋」と回答されています。
           2007/11/ 6

 リンク集
 ● リンク集 


      大仏鉄道物語改訂版発売中です

 大変お知らせが遅くなっていましたが、大仏鉄道物語(改訂版)がすでに発売済みです。ご希望の方は、豊住書店あてお問い合わせください。
     

● 梶ヶ谷遺構保存の選択肢に移設保存がありえるのか
 工事費だけの問題ではなく、訳の分からない標本のように橋を移設しても、歴史を伝えることはできないと考えます。デザインをまちづくりに活かしていただくことは結構ですが、あるべき場所にあってこその橋、トンネルです。現役の赤橋、梶ヶ谷トンネルは梶ヶ谷にあってこそ意味があるのだと思います。
 場所を変えてしまえば、ただの煉瓦と、コンクリートと砂の塊でしかありません。明治の我が国の土木技術の未熟な時代に生きた我が国の技術者の作品として見ても、先達の努力が偲ばれます。


● 『大仏鉄道物語』が国会図書館に登録されました
 大仏鉄道研究会発行の「大仏鉄道物語』を国会図書館(東京・関西)に寄贈し、正式に国会図書館の蔵書として登録されました。今後は、東京の国会図書館、関西(精華町)第二国会図書館のどちらでも閲覧が可能となりました。
 また、本書は木津川市公立図書館(木津・加茂)においても閲覧可能です。



● 大仏線歩こうマップ(奈良編・京都編)をご活用下さい。
 「歩こう歩こうマップ」カラー両面印刷は、実際に歩くには不適であり、表面の大仏線解説は「しおり」作成によりその目的を終えたこともあり、「大仏線歩こうマップ」を、このたび全面改定しております。
 マップにつきましては、大仏鉄道研究会の本『大仏鉄道物語』の巻末に収録されておりますが、配布不能により、このホームページにて一般に公開しております。
 前回のマップの問題点を、アウトドア部会の役員が実際に歩いて考え苦労して作成し、非常に歩きやすい地図となっております。 版権は、大仏鉄道研究会が保持いたしますが、一般のハイキングでの使用は、無条件で承認いたします。また、各種団体等が開催するハイキング等で、コピーによる実費配布は基本的に承認いたしますが、必ず事務局宛お知らせ下さい。なお、印刷物として再販される場合、雑誌等への掲載をご希望の場合は事務局までご相談下さい。


大仏鉄道ファンの皆様へお知らせ

● 鹿背山不動尊のトイレはありません
 地元のご厚意により、無償で使用させて頂いておりました、鹿背山不動尊内のトイレは、管理上の問題から閉鎖されました。従いまして、里山歩きにおいて、途中トイレは一切ございませんので、ご注意をお願い致します。
 木津川市には、地区の方々とともに梶ヶ谷への公衆トイレの設置を強く働きかけて行きたいと考えて居りますので、しばらくご辛抱下さいますよう、お願い致します。
 木津川市へ観光でお越しの皆様には、多大なご迷惑をおかけ致しますが、梶ヶ谷保存の大きな転機にあり、さまざまな状況が変化しております。どうか、ご理解をお願い致します。


● 入会のお誘い
 
当大仏鉄道研究会では、広く会員を募集しております!詳しくはこちらをご覧ください。


● 大仏鉄道のしおり(第2版)を配布しています
 大仏鉄道、並びに、当大仏鉄道研究会の足跡、入会申込書などを記載した、大仏鉄道研究会の『しおり』(白黒印刷、A3版両面、変則八つ折り)第2版は配布中です(有償)。


● 大仏線遺構巡り希望者の方へ
 大仏線遺構散策へのボランティア案内人に付いては、現在、諸事情により中止しておりますが、木津川市観光協会にて案内を再開しております。なお、ご案内させていただく団体によっては有償にての案内となる場合がございます。詳しくは木津川市観光協会あてお問い合わせ下さい。


このホームページをお気に入りに登録してください
↓ このボタンを、クリック!! ↓


このホームページはリンクフリーです。
ただし、アングラ、ポルノ系とのリンクはご遠慮させていただいております。
 また、相互リンクをご希望の場合は、ウエッブマスターあてご連絡ください。

2002/10/07
大仏鉄道とは、現在のJR関西本線の前身である関西鉄道株式会社が、名古屋方面から 大阪への進展を目指して延長を急ぎ、「加茂駅」から現在の奈良駅の北約1kmの地点に 取り敢えず仮設的に作った「大仏駅」との間を結ぶ、距離約8kmの路線の通称です。
 この大仏駅が開業したのは明治31年4月19日ですが、このお陰で伊勢や名古屋等 からの大仏参拝客が大勢利用し始め、一条通りから東大寺転害門近辺の通路は大いに繁盛しました。 翌32年5月22日には念願の大阪鉄道の奈良駅への延長・乗り入れにも 成功し、これで大阪への交通の便も大幅に改善されました。 
しかしその結果、大仏駅の利用客は減り奈良駅からの利用客が増加するようになりました。 おまけに大仏線は急坂の黒髪山をトンネルで越える難所を持っている一方で、加茂から 木津ヘ新設した平坦路線も明治38年に奈良線と片町線と共に木津駅で直結する事に成功したので、大仏線の客は益々急減していきました。   その上に鉄道の国有化法が明治40年から施行される事になったので,遂に大仏線は 明治40年8月21日に廃線となり、9年という短い生涯を閉じた路線なのです。
このように大仏線は営業期間も9年と言う短い田舎の小路線であり,又、国有化直前に 消滅したため当時の資料に乏しく、その全容を知る事は中々難しい状態にあり、
正しく幻の鉄道といえる路線です。

ご意見、ご感想は事務局まで

Copyright (c)2002
大仏鉄道研究会 All Right Reserved.

このロゴマークは大仏線を走っていた蒸気機関車と考えられている電光(いなずま)をモチーフにした大仏鉄道研究会の公式ロゴマークです。会員以外がこのマークを使用することはできません。また、その他の画像、音声、テキストデータ等についてもフリーデータを除き無断転用、使用について堅くお断りします。使用希望者は、事務局までご一報ください。